メシエ天体
 M95
赤径: 赤緯:

M95 について、wikipediaより表示しています。

『ベレッタM1951』より : ベレッタM1951(イタリア語: Beretta M1951)は、イタリアのピエトロ・ベレッタ社で設計された自動拳銃。M951、M51、またブリガーディア(Brigadier)とも称される。 第二次世界大戦後のイタリア軍は、大戦中の混乱のために、非常に多彩な火器を装備していた。これらは使用弾薬からして規格が異なり、兵站上の問題が大きかった。このことから、これらを一括して更新する国産拳銃が開発されることになった。 弾薬としては、当時ヨーロッパで一般的になっていた9x19mmパラベラム弾が選定された。ベレッタ社では、大戦前に9x19mmパラベラム弾使用の拳銃の開発を検討したものの、大戦勃発にともなって断念していた経緯があり、その計画を再始動するかたちで、1949年よりM1950として試作が開始され、シンプルブローバック式、ジョン・M・ブローニング型のティルトバレル式、ワルサーP38型の独立ロッキング・ラグ式などが試験に供された。

このページの先頭へ
[1]メシエ天体トップ [0]トップ