メシエ天体
 M59
赤径: 赤緯:

M59 について、wikipediaより表示しています。

ファイル:155 mm Long Tom 2.jpg 250px thumb メリーランド州アバディーン (メリーランド州) アバディーンのアメリカ陸軍兵器博物館に展示されているM1“ロング・トム” 155mmカノン砲
M59 155mmカノン砲もしくは、(M1/M2/M2A2) 155mmカノン砲は、アメリカ陸軍の使用していたカノン砲。ロング・トムという愛称がある。
第一次世界大戦の際にアメリカ軍が採用したフランス製GPF 155mmカノン砲の後継として設計され、第二次世界大戦では陸軍とアメリカ海兵隊 海兵隊の双方が長距離砲撃に運用した。
沖縄戦の際には、24門(2個砲兵大隊)のM2ロング・トムが慶伊瀬島 神山島に揚陸配備されて沖縄本島への砲撃を行った。朝鮮戦争でも使用された。
陸上自衛隊では米軍供与品を、155mm加農砲M2として職種 (陸上自衛隊)#野戦特科(Field Artillery) 野戦特科部隊が保有していた。長きに渡って陸上自衛隊保有火砲で最長射程を誇っていた。

このページの先頭へ
[1]メシエ天体トップ [0]トップ