メシエ天体
 M56
赤径: 赤緯:

M56 について、wikipediaより表示しています。

M56 スコーピオンは、アメリカ合衆国で開発、運用された空挺戦車・対戦車自走砲。空挺部隊が使用する機動対戦車兵器として1948年に開発がスタートした。 当初は、開発中のM42(後のM48パットン)の車台を使用する計画だったが、重量の面から不可能となり、結局新たに設計したアルミ合金製の車台に43口径90mm戦車砲M54を搭載することになっている。 旋回可能範囲は左右30度、上下+15~-10度となっている。砲弾は、車体後部の弾薬箱に計29発が搭載され、弾薬箱の蓋は砲手用のプラットフォームを兼ねていた。この砲は、当時のアメリカ主力戦車の主砲と同じものであり、攻撃力だけで言うなら他国の主力戦車とも渡り合える能力を持ったことになる。 ただし、本車も他の空挺戦車と同様に「(航空機に搭載できる位)軽量であること」という条件を避けては通れず、防御は無視されているに等しい。車台の上にオープントップ式に搭載された戦車砲を操作する乗員を守るのはわずかに主砲前面のブラストシールドくらいしか見当たらず、乗員はいわゆる"裸"同然である。

このページの先頭へ
[1]メシエ天体トップ [0]トップ